こんにちは。パーソナルメモリーズの須藤です。

本日は、日記を元に自分史を作成する方法をお伝えします。

ところで、日記は毎日付けていますか?

毎日とまではいかなくても、節目のタイミングでは書いているという方が
多くいらっしゃいます。

この日記には、自分史に書くべきネタがたくさん詰まっています。

日々の生活で何が起こって、その時どう思ったのか?
といった、その時の生きた情報が手に入ります。

過去の日記を読むと自分が分析できる

過去の日記には、あなたの生活パターンが隠されています。

仕事や家事に追われているときは、イライラしているな。

息抜きに旅行に行った後は、上手く行っているな。

などの情報が浮き彫りになることでしょう。

この情報も自分史作成の足しになるのです。

今まで日記を書いてこなかったあなたへ

今まで日記を書いていなかった人は、今からでもまったく遅くないので、
今日から書き始めてみると良いでしょう。

一行だけでも良いのです。

その日の気分や起きた出来事を簡単に書いてみると、
数カ月後に見直したときでも、新しい発見があるはずです。

成功者はなぜ先見の明があるのか

成功者の大多数は、日記を付けていると言います。

なぜ多忙な毎日に、日記を付けるのでしょうか?

それは、自分の未来がある程度予想出来たり、修正したりすることができるからです。

上でも書いたように、毎日日記を付けていると
自分のパターンというものが見えてきます。

このパターンというものが未来を予想したり、自分で切り開いていくことに役立つのです。

時系列を分かりやすくすると下記のようになります。

過去(日記に書いてあること)

現在(今日のことを日記に書く)

未来(過去の日記から今後どうなるかが見えてくる)

このように、過去にバラバラだった出来事を可視化することにより、
一見関係の無い点が繋がって線となるのです。

日記は書きっぱなしでは意味が無い

日記を上手く活用するには、上で挙げたように
過去の日記を見直すことが有効です。

日記はそのままでも一種の自分史とも言えますが、
綺麗にまとめてみると立派な自分史になるのです。

まだ日記を書き始めていない方は、すぐに始めてみましょう!