こんにちは。パーソナルメモリーズの須藤です。

前回の記事「無気力でやる気が出ない人に贈るメッセージ 」を
たくさんの方に読んでいただけたようで、嬉しく思っています。

日々の毎日に飽きている方もいらっしゃるでしょうが、
どうか将来自分史に書けるような人生を送っていただきたいものです。

空白の期間があっても構わない

私個人の考えとしては、空白の期間があっても全然構わないと思っています。

世間の考えは、
・一度ニートになったら終わりだ
・社会のレールから外れたら戻れない
・一生同じ会社に勤めなくてはならない
という考えに見えることもあるでしょう。

しかし、個人の考え方というものが多様化している現在で、
この考え方は本当に通用するのでしょうか?

もっと自分と自分の考えを大事にしてほしいものです。

選択が間違っていたとしても、
山あり谷ありこそが人生!
と割り切って、あなただけの人生を歩んでいただきたいです。

そしていつの日か、充実した人生経験を自分史に書いてみてはいかがでしょうか。