こんにちは。パーソナルメモリーズの須藤です。

本日は山の日で祝日の為、久しぶりに私がブログを更新いたします。

皆様、お盆休みの初日はいかがお過ごしでしょうか。

私は例年通り、自分史の作成をしております。お待ちいただいているお客様に出来るだけ早く完成した自分史をお見せしたいということと、遅れている仕事をこの時期にこなして遅れを取り戻したいという理由で、ここ5年くらいは同じようなお盆休みの期間を過ごしております。

外は炎天下ですが、クーラーの効いた室内でパソコンに向き合うのも私の毎年の風物詩のようになっている感じがします。

毎年この時期の話題として切っても切れないのが「戦争」の話です。

毎年8月15日の前後には、テレビ等のメディアで戦争の話題が取り上げられます。

パーソナルメモリーズのお客様も自分史を振り返ると、戦争経験者の方々は必ず戦争のエピソードをお話されます。

お陰さまで多数の自分史をお聞きしてきた私たちはたくさんの戦争体験談が集まってきています。これは少し前の自分史作成のコツで取り上げ、反響をいただいております。

自分史で語り継ぐ戦争体験

あまり話したくないような悲惨な経験などもお話していただき、とても貴重なお話をしていただいたと思っています。

中にはお亡くなりになったお客様がいることもあり、前々からお話していますが、そのお話を後世に語り継いでいくことの重要性を日々実感しています。

話題になっている記事

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶという記事を先週パーソナルメモリーズのスタッフが書きました。

この記事に思わぬ反響があったのです。

内容は題名の通り、一言で言うと

「自分の少ない経験だけではなく、歴史に学ぶと多くのことが分かるよ。歴史は繰り返すことが多いよ」

という内容ですが、締めの文章で、

「最近また地震が増えてきているので気を付けてくださいね」

ということが書かれています。

そして今週中に、都内の人にとっては体感震度が結構高い地震がいくつか起きました。

これが予言なのではないかなどと言われましたが、たまたまの偶然です。

よく私が言うことは当たるなどと言われることがありますが、それも偶然です。歴史は繰り返されるということや、それに周期があるということもあるかもしれませんが、ピンポイントで未来を予測することは現在の科学では出来ません。

けれど、ピンポイントで予測することが出来なくても、

「大体この位の時期に○○が起こりそうだから一応頭の隅に置いておくか!」

ということは可能です。

怖がらせている訳ではありませんが、色んなことに備えて準備しておくことは大切です。

備えの技術

この時期になると、先に挙げたような戦争の話を自分史として書き残したいというお客様が増えます。

夏や秋に自宅でゆっくり自分史を作りたいと思われる方が増えるのでしょうが、お待ちいただいているお客様の自分史も出来る限り早く完成させなければなりません。

まだまだパーソナルメモリーズのお客様にお待ちいただいていることもあり、この時期の私の備えとしては、みんながお盆休みに遊んだり休んだりしている間に、出来るだけ多くの仕事をこなしておきたいということです。

慌ただしくなる前に先手を打って備えておく。

今までのパーソナルメモリーズの歴史から学んだ自分史作成のコツやノウハウが蓄積されたのでは?と感じた炎天下の午後でした。

夏野菜

写真はお客様からいただいた、夏の採れたて野菜です。ありがとうございました!