こんにちは。
パーソナルメモリーズ スタッフのキョウコです。

世間も全体的にお盆休みが明けてきましたね。

東京では今週のはじめ頃から急に涼しい日が続いていました。もう夏の終わりが来てしまったようで少し寂しい気もしましたが、外でお仕事をされている方々もいますし、涼しくなって過ごしやすいのは何よりですね。

あなたは今週はどこかへお出かけされましたか?

私は特別どこかへお出かけはしていませんが、親戚と食事をしました。住まいの立地等の事もあり、昔と比べると親戚に会う機会が段々と減ってきましたが、久しぶりに会って話すとやはり仲が深まります。良い思い出が一つ増えたので、少し足をのばして会いに行った甲斐がありました。

先週のブログでもお話ししておりましたが、今週代表の須藤は夏休みなどは設けておらず、お盆の間もお客様の自分史作成を進めていました。
(先週のブログはこちら⇒http://www.personal-memories.jp/information/20170811/

現在もお待ちいただいているお客様が沢山いらっしゃいますので、須藤は世間一般的な休日も出来る限りコツコツと進めている次第でございます。
その成果によって先日もお客様へ自分史を納品いたしました。

先日納品したお客様の自分史も大変興味深いものでした。こちらについては次の機会にお話しいたいと思います♪

自分史や句集等の作成のお問い合わせについて

当ホームページでもお知らせしていますが、パーソナルメモリーズの自分史作成代行サービス(おしゃべり自分史)が現在も大変混雑しております。
(混雑状況のお知らせはこちら⇒http://www.personal-memories.jp/info/20151030/

パーソナルメモリーズでは様々な形で自分史作成をお手伝いしております。

“おしゃべり自分史”は、パーソナルメモリーズの記者と楽しくおしゃべりするだけで自分史が完成するというサービスです。こちらが現在大変混みあっている状況です。

ですが、お客様のお手元に完成している自分史の手書き原稿がある場合や、人生を音声で録音した音源がある場合は比較的お待たせせずにご対応する事が可能です。

また、句集や詩集等の作成のお手伝いもしております。

句集や詩集等については、筆で書いた句や絵もそのまま本にする事ができます。これは、原本の複写を作成して本にするようなイメージですので、何冊でも増刷できます。

パーソナルメモリーズに自分史や句集等の作成をお問い合わせをされる際には、簡単にご状況を書き添えて頂けるとスムーズなご回答ができます。

例えば、

「父親の自分史を”おしゃべり自分史”で作りたい。部数は5部位の予定。親には伝え済みである。じっくりと納得いくものを作りたい」

「すでに手元にある自分史の手書き原稿を本にしたい。部数は1~3部の予定。」

「書きためた句を本にしたい。家族や友人に配るので10部位を考えている」

「祖母の人生のお話しを録音した音源がある。音源を基に、簡易的で良いので早めに自分史を作りたい」

と、いうような形ですとパーソナルメモリーズからご返信した際にすぐに次のステップに進めますので、お客様の負担も減ると思います。

もちろん、

「親の自分史を作りたいけど何から伝えて良いかわからない。。」

「まずは質問だけしたい」

という方もお気軽にお問い合わせくださいね♪

今週も体調に気を付け、良い週末をお過ごしください♪

追伸

写真はお客様がご自身のお母様を取材した時の音源が入ったテープレコーダーをお送りしていただいたものです。

テープレコーダー