断捨離と自分史の第6回目は「書類」の片付けです。

書類と聞くと、大事そうな印象があり溜まりやすいですよね。そして、気がついた時には結構な量が溜まっていることでしょう。

その中には、「本当に大事な書類」「大事そうに見えるけど不要な書類」「どこからどう見ても不要な書類」の3種類が混ざっているはず。

「本当に大事な書類」さえ残しておけば、あとは全捨てでOKです。本当に大事な書類とは、契約書類です。契約書類は効力が有効な期間は、どんなに断捨離を進めてもとっておくしかありません。

日記や思い出の手紙などは、ある意味本当に大事な書類ですが、思い出のモノとして分類します。思い出のモノは最後に一気に片付けるので、保留としておきます。

「大事そうに見えるけど不要な書類」と「どこからどう見ても不要な書類」は全部捨てます。
(私は心配症なので、絶対に要らないだろと思う書類でもスキャンしておきました)

データにすることで、スペースの削減や探しやすくなり、良いことだらけです。本当に不要だったらデータの断捨離をした時に処分しようと思っています。

電化製品の説明書は絶対に要らない

電化製品の説明書は結構スペースを取りますよね。私は保証期限内のものだけ残し、あとは全部捨てました。

最近は電化製品メーカー自体が、紙の説明書を発行しなくなってきているそうです。

あなたは電化製品の調子が悪い時や、機能について調べたい時は、紙の説明書を読んでいますか?

私はインターネットで調べることが多いので、紙の説明書はほとんど読みません。読みたくなった時は、インターネットでまったく同じ保証書のデータを見ることが出来るので、そっちで見た方が早い気がしています。

この電化製品の説明書は、「大切に保管しておいてください」と書かれていることが多いですが、とっておいても必要になったことは一度もありません。

あなたの説明書もそうなのではないでしょうか??

さらに、保証期間が切れているものまでとってある方が多いのでは??

こんな訳で、電化製品の説明書や保証書は手軽に処分できて、結構スペースが空くのでオススメです。

まとめ

今回はあまり自分史とは関係がありませんでしたが、片付けの一環として参考になりましたら幸いです。

片付けを通して、自分に何が必要か? 何が不要か? を考え、自分自身を見つめる機会になるのではないでしょうか。