こんにちは。パーソナルメモリーズの須藤です。

前回の記事(異常に緊張してしまう時があるあなたへ)に多数の反響がありましたので、
今回もペルソナについてお話します。

退職後や何かをやり遂げた後、
燃え尽きてしまい、何もやる気が起きなくなって
しまう症状を燃え尽き症候群と言います。

心理的な疲れが一気に出てしまい、
次にやるべきことが見つからなかったり、
やるべきことが出来なくなってしまうことが
あります。

この燃え尽き症候群を未然に防いだり、
燃え尽きてしまっても新たな活路を見出す
ヒントとしてペルソナがあります。

会社の為に尽くしてきた男性の話

定年退職した男性がいます。
定年前の役職は部長。

家族のコミュニケーションを犠牲にしながらも
当人の努力によって、会社から一目置かれて
いました。

部下からの信頼も暑く、尊敬されていました。

この男性は、会社のために
(良き部長という仮面を守るためでもある)
尽くしてきました。

休みの日も常に会社のことを考え、
なにかあればすぐに駆けつけました。

だからこそ、会社の中で信頼や尊敬を
掴み取ることが出来ていました。

それが退職して数日たったある日、
「私は一体これから何をすればいいんだ」
という気持ちが芽生えました。

これといって趣味もなく、プライベートで
親しい人も特にいません。

この男性のペルソナは、
「ある会社での部長」
という立場だけでした。

このように、ペルソナが少ない人ほど
燃え尽き症候群になりやすいと言えます。

もし、他のペルソナがあれば・・・。

・毎日ゴルフに行ける!
・読みたかった本をまとめて読める!
・家族で温泉にでも行こう!
・友人と朝からお酒が飲める!
・将棋がもっと上手くなりたいから教室に通おう!

と、いくらでも夢が膨らみます。

燃え尽きてしまう前に、これらのような
ペルソナが形成されていることが望ましい
ですが、燃え尽きてしまった後でも
決して遅くはありません。

自分が少しでも興味があったことを調べたり、
家族に少しだけ話しかけてみたり、
打つ手はいくらでもあります。

上手くいかない人間関係にも応用できる

例えば、会社でのペルソナと
ゴルフ仲間でのペルソナがある人がいます。

会社で上手く行かなかった時に、
気晴らしにゴルフに出かけたとします。

ここまでは素晴らしいリフレッシュ方法です。

しかし、ゴルフのプレー中に些細なことから
仲間と喧嘩をしてしまいました。

このように悪いことが重なる経験は
あなたもあるのではないでしょうか。

往々にして、
悪いことは重なって起きるものです。

せっかくのリフレッシュで、
ゴルフに行ったのに、嫌な思いをして、
月曜日からの会社も憂鬱。

これでは八方ふさがりです。

仲の良い仲間同士での喧嘩であれば、
仲直りをすれば良いだけですが、
普段から性格が合わないと思っていた。
ということもあります。

そして選択肢は、
1.我慢していつものメンバーでゴルフに行く
2.いつものメンバーとは別の人とゴルフに行く
3.ゴルフをやめる
などがあります。

複数のペルソナがある人は、
別の人とゴルフに行けば良いだけですし、
ゴルフをやめてもうひとつの趣味である
釣りに打ち込むことが出来ます。

しかし、いつものメンバーでゴルフに行くという
ペルソナしかない人は、我慢してゴルフをするか
ゴルフを辞めるという嫌な選択肢しか残っていません。

嫌なことがあったらすぐに辞めてしまえ!
という訳ではありませんが、
趣味の時間の度に我慢するのもどうかと思います。

学生でもこのような悩みを抱えている人を結構見かけます。

無理せず、あなたが居心地が良いペルソナをたくさん作ってくださいね。

そして我慢できないほど嫌な環境があれば、
その環境は思い切って捨てる。

そうすれば複数の居心地が良い場所が
必ず見つかります。

カラオケ仲間
ボランティア仲間
勉強会仲間
料理教室仲間

どれかがダメになってしまっても、
快く迎えてくれる人がいます。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。