本日は、2014年3月11日。
東日本大震災から3年が経ちました。

3年前の今日、あなたは何を思いましたか?

多くの人は、大切な人の顔が浮かんだのではないでしょうか?

電話やネット回線が混雑していて安否の確認ができない状況の中で、
大切な人が無事なのか確認したい。
自分が無事なことを大切な人に早く知らせてあげて心配させないようにしたい。

この時の気持ちを今も覚えていますか?

2年前の今日、あなたは何を思いましたか?

大切な人を本当に大事に出来ているか。
被災地が一刻も早く復興して欲しい。

この時の気持ちを今も覚えていますか?

1年前の今日、あなたは何を思いましたか?

災害は突然やってくる。
死は自分にも突然やってくる。

この時の気持ちを今も覚えていますか?

今日、あなたは何を思いましたか?

命の大切さ、時間の大切さを考えていますか?
大切な人を大事にしていますか?
幸せな人生を歩んでいますか?
一日一日を大切にしていますか?
3年前、2年前、1年前に考えたことを実行出来ていますか?

人間は忘れやすい生き物なので、当時はあんなに鮮明だった出来事もだんだんと色褪せていってしまいます。
行動を起こす気があっても「明日で良いや。」と、一度先延ばしにしてしまうと、さらにおっくうになってしまいます。

普段から行動している方も、そうでない方も、今日はやろうとしていることをやりませんか。
感謝の言葉を言ったり、地震当時の記憶を紙に書いてみたり、今の気持ちを整理したり、防災道具を見直したり。

そして悔いが残らない人生を送りましょう。

3年前の東日本大震災はたくさんの教訓を残しました。
この教訓は人によって違うと思いますが、しっかりと学びましょう。

最後になりましたが、東日本大震災で亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りします。