やりたいことが見つからない人は意外と多いものです。

本当に心からやりたいことが出来ている人は少ないのではないでしょうか。

しかし、一部の人は「本当に自分がやりたいこと」を仕事や趣味にして人生を謳歌しているのです。

さて、この「やりたいことが出来る人」と「やりたいことが出来ない人」の差は何でしょうか。

この差はたった一つの違いだけなのです。

やりたいことをやれている人は自分探しをしている

やりたいことが出来ている人は、必ず自分探しを成功させているのです。

自分探しと聞くと難しいと感じるかもしれませんが、自分の内面を見つめ直すということです。
自己分析とも言います。

何をするために生まれてきたのか?
という人生の理念(ミッション)を見つけることが
自分探しです。

この自分探しとは「自分らしい生き方」を見つけるたった一つの方法です。

そしてこの答えはあなたの中にしかありません。

ご存知の通り、ひとりひとり全く違う性格です。

周りの人はサポートは出来るのですが、答えまでは見つけられないのです。

答えを出すのは自分自身だということをしっかりと認識してくださいね。

人生に疲れた人は

毎日の仕事、家事、人間関係を繰り返していると、「本当にこんな人生で良いのか」と悩むことがあるかと思います。

人生の転換点で考えるのはもちろんのこと、このように日々の作業に忙殺されている人は考える暇もないのではないでしょうか。
日々忙しい人は、ちょっと立ち止まって考えてみてください。
5分でも良いので、「本当にしたいこと」を考える必要があります。
この「本当にやりたいこと」を見ずに生活していると、いつか心が疲れてしまいます。

うつ病になってしまう人や、燃え尽き症候群になってしまう人は大体これが原因なのです。

自分自身を見つめ、自分と対話する時間が取れていないということです。

少しでも心当たりがある人は、要注意です。

現状を認識する

今まで生きてきた時代とこれから生きていく時代を注視してください。

時代はどんどん変化していきます。
特に、現代の時代が変化するスピードは過去とは比べ物にならないほど早いのです。
実感していると思いますが、この流れは楽しく生きられる人とそうでない人の二極化を生みます。

なぜ今の時代は疲れ切っている人が多いと思いますか?

それは、他人と比較することが当たり前の社会で競争を強いられているからです。
もちろん競争社会という概念は昔からありました。

しかし、現代の競争は一回でも失敗が許されない暗黙のルールがあります。

人は絶対に失敗を犯しますよね。
そしてその失敗体験を糧にして成長していくものです。

だけど失敗をすると社会のレールから外される。
だから失敗しないような人生を送っている。

失敗しないような人生とは何か?
ひとりひとりの個性を消して、必要とされる作業(言われた作業)のみをやるということです。

そうです。ロボットと一緒です。

現在の教育は、
男性ならサラリーマン
女性なら専業主婦かパート
という決められたルートに沿わせるような教育なのです。

なので、サラリーマンや専業主婦・パートが大半を占めるのです。
これらの仕事も、無くては世の中が回りません。

しかし、本当にこの仕事がやりたくてしているのでしょうか。

これがこの時代の問題なのです。

多様化する現代社会

多様化という言葉がキーワードです。

現代は、過去には無いほど多様化している時代です。
物・人・考え方。
ほんの20年前でも無かったものが溢れています。

ということは、人の考え方も20年前とは比べ物にならないほど色々な考え方があるのです。

なのに教育システムは古いまま止まっている。

これこそが、現代の問題であり、矛盾となっている訳です。

「安定したレールに沿った教育」と「多様な個人の考え方」
このギャップが現代人を苦しめ、疲れさせているのです。

自分らしく生きたい

心が疲れてしまう人は、意識の奥底に「本当にやりたいこと」が眠っています。

「これがやりたい!」と思っていても、レールから外れてしまうことを恐れているのです。

そして自分らしく生きることを抑圧し、苦しんでいるのです。

では、自分らしく生きるにはどうしたら良いか。

自分のやりたいことや気になっていることをリストアップしてください。

そしてやりたいことを一刻も早くやってみることが大事です。
これは待ったなしです。
すぐにやらなければなりません。

やらない言い訳がたくさん思いつくかもしれませんが、のんびりしていると取り返しのつかないことになります。

腰が重い方や相談に乗ってもらいたい方は、お問い合わせください。
無料で相談に乗らせていただきます。
どんなことでも良いので、お気軽にご連絡くださいね。
無料相談はこちらから

自分のために、一歩を踏み出してください。
答えを出すのも行動するのも、あなたにかかっています。

疲れた時は、一息ついてください。

あなたらしく生きられることを祈っています。