会社を辞めた時、就職先を探す時のような人生の節目では、自分が今後どのような人生を送るのかということを考えます。

この先の人生の計画を立てるにあたって、過去の人生を振り返るということは大切です。
新たな決断をする時には、誰もが過去を振り返っています。

これは意識的に振り返る人もいれば、無意識で振り返る人もいます。

○○の行動をしたら、△△になった。

のように経験として蓄積されている記憶があります。

言いかえると自分の人生の履歴書のようなものです。

この履歴書を見直し、整理することによって今後の人生の設計図が出来てくるのです。

この設計図の第一歩として、自分史を作成してみてください。