こんにちは。
パーソナルメモリーズ スタッフのヒロコです。

すっかり秋らしい陽気になってきましたね。昨日、一昨日は月も綺麗でした。

今日はスマートフォンの買い替え時についてお話します。

スマホの買い替え時について

スマホの替え時ってよく分からないですよね。私も毎回買い替えるかどうかをとっても悩みます。

よく言われる買い替え時の目安は2年とされています。

バッテリーの劣化や古い機種のデータ容量が2年くらいで交換した方が良いように出来ているようです。

以前の機種ではバッテリー性能がそこまで良くなく、2年程度使うとその後は使い物にならないくらい電池持ちが悪くなりました。

ですが最近の機種ではそこまでバッテリーの性能が急激に劣化することは少ないと感じています。

ただしバッテリーは大丈夫でも他にも見るべきことがあります。

それは容量や端末自体の性能。

容量というのはスマホの内部ストレージと呼ばれるものです。この容量が不足するとアプリをダウンロード出来なくなります。

「特にアプリを追加する予定も無いし」

と思うかもしれませんが、アプリにはアップデートといって機能を追加したり修正したりすることがあります。

このアップデートがあることにより、以前よりアプリ毎の容量が増えているということがよく起こります。

私の端末は徐々にアプリの容量が増え、内部ストレージが圧迫され、最近使っていないアプリを削除することで凌いでいました。

ですがそれでも容量が足りなくなり、泣く泣くアプリを消すこともありました。

ここまで来たらもう完全に買い替え時です。

最初はアプリを削除したりしてその場凌ぎの対応をしていましたが、後から考えてみてもさっさと新しい機種を買った方が時間的にもストレス的にもお得です。

そして最近、2年ちょっと使ったスマホを買い替えました。

新しくスマホを買い替えて良かった点・悪かった点

良かった点は数知れず。

まずは最新機種はどんどん便利になっているということが一番かなと思います。

前の端末ではスマホを起動するとパターン認証で点を繋げ、自分のパスワードを入力して使えるようになります。

これはこれで慣れていて、スマホを使う時には無意識に解除していました。

ですが新しい機種にしてからは指紋認証が搭載されていて、スマホを手に持った時点で指紋によりロックが解除されます。

文章では差が分かりにくいかと思いますが、

前の機種は、手に持つ⇒画面を開く⇒パターン認証でロック解除⇒使える

今の機種は、手に持つ(指紋認証もしくは顔認証でロック解除)⇒使える

となり、かなり使うまでの時間と労力が短縮されています。

新しい機種を買うまでは分からなかったことです。

他にもやはり新しい機種なので動作が速い、バッテリーが良く持つ、カメラの性能が良いなどたくさんの良い点があります。

そして何より、内部ストレージの容量が多くなったので、今までは泣く泣く消していたアプリをまたインストールして使ったり、新しく気になっていたアプリを入れることも出来ます。

悪かった点はたった一つだけ。

費用がかかるということです。

でもストレスがある状態で古い端末を使っているよりは遥かに良いですし、いずれは買い替えの時に発生するものですので仕方ないと割り切りました。

普段よく使うものなので、2年に1回程度のこの費用は必要な予算として考えようと思っています。

結果、数万円の支出でも満足度は高いものだと考えています。

新しくしようと思った時が買い時

新しくしようか、まだ使おうかと迷っている方が多くいらっしゃるかと思います。

スマホに関して言えるのは、迷ったら買い!です。

その位、新しくて性能の良い端末が比較的安く次々に発売されている時代です。

これがもっと高くなったりすると話は別ですが、今くらいの価格で新機能がたくさん搭載された端末が買えるのであれば、ぜひとも買い替えることをオススメします。