こんにちは。
パーソナルメモリーズ スタッフのヒロコです。

昨日今日の台風の影響は大丈夫でしたでしょうか?都内は今も雨風が吹き荒れています。

今日は最近観た映画の中で自分史の作成にも関係がある一作を紹介します。

タイトルは、

「死ぬまでにしたい10のこと」

内容はタイトルの通り、死ぬまでにしたい10のことをピックアップして実行していくというお話です。

主人公は若くして結婚して出産した女性で、20代前半という若さで余命宣告されてしまいます。

まだ幼い娘2人がいて、死ぬまでにしたい10のことも自然と娘二人のことを想った内容が中心です。

中には全く共感出来ない項目もありましたが、人それぞれだだなぁと思います。

10項目のうち、いくつかを紹介すると、

・娘に毎日愛していると言う

・娘が18歳になるまで、毎年誕生日のメッセージを贈る

・家族でビーチに行く

が印象に残っています。

娘に愛していると普段から言っているつもりでも、日々の慌ただしさから言えていないこともあったのでしょう。

死を目前にして、娘にとっても主人公にとっても大切なことを確認出来たのではないかと想います。

誕生日のメッセージは二人の娘が18歳になるまでの分をそれぞれ録音していきます。

主人公の気持ちを想うと、二人の成長を見ることが出来ないので悲しくなりますが、娘二人にとっては大切なメッセージになるはずですよね。

家族でビーチに行く項目は、私が先週家族で海に行ってきたということもあり、個人的に印象が強かったです。

あなたが死ぬまでにしたい項目は決まっていますか?

主人公とは年齢も環境も異なりますが、死ぬまでにしたい項目を自由に決めておくべきです。

映画のように10個と決めなくても良いし、あなたには主人公より多くの時間があるはずです。

きっと主人公ももっと生きられるなら、項目が増えていたはず。

ちょっとしたことでも、ずっとやりたかったことでも、何でも洗い出してみると良いでしょう。

私も完璧にではありませんが、映画を観た後からちょこちょこメモをしています。

それを少しずつでも叶えていくことで、残された人生がもっと楽しくなるでしょう。

マンゴー

ずっと食べてみたかった高価なマンゴーを頂きました。