こんにちは。
パーソナルメモリーズ スタッフのヒロコです。

都内は台風が過ぎ去り、また猛暑が続いています。

皆様はいかがお過ごしでしょうか?

今年も8月15日の終戦記念日が近付いてきました。

パーソナルメモリーズのお客様の中でも「戦争の体験談を書き残しておきたいから」と言って自分史を作成される方が多くいらっしゃいます。

須藤の祖父も同じことを言っていたのですが、まだ須藤がパーソナルメモリーズを立ち上げる前の話だった為、結局は作ってあげられなかったそうです。

そしてそのおじいちゃんの言葉がパーソナルメモリーズ設立のきっかけになりました。

戦争の体験談をはじめとして、今では特定のエピソードについて自分史を書きたいと相談を受けることが多くなっています。

多いのが、仕事・家庭・趣味で、中でも仕事のお話が一番多いのではと思っています。

仕事が中心ではあるものの、パーソナルメモリーズのおしゃべり自分史では幼少の頃の体験からお聞きすることが多いので、どうしても戦争を経験した世代のお客様ですとその体験談が入ってきます。

なので一人一人の目線から見た戦争の時代のエピソードが蓄積されていくのです。

大切な資料

お客様が大切に保管しておられた、お父様の書状です。(お父様の名前部分は隠しています)

このような貴重な資料をお持ちの方がたくさんいらっしゃいますが、「自分史を作らなければ捨てていた」とおっしゃる方ばかりです。

自分史にまとめておけば、例え紛失してしまっても捨ててしまっても見られるので良い記録になります。

須藤は捨てることはあまりオススメしていません。

陸軍省

 

 

今日は私が戦争のお話について書こうと思っていたのですが、過去の素晴らしい記事がありましたのでご紹介します。

・自分史で語り継ぐ戦争体験

http://www.personal-memories.jp/jibunshi/20170721/

これは去年の今頃の記事で、今までにお話いただいたお客様の戦争体験談がまとまっています。

 

・戦争の体験談と自分史を聞いてきました

http://www.personal-memories.jp/jibunshi/20150331/

3年前の記事で、須藤がお客様の自分史を聞きに行った際に戦争のお話をお聞きしたお話です。

 

・自分史を通して戦争体験を語り継ぐ

http://www.personal-memories.jp/jibunshi/pass-down-war-experience-from-generation-to-generation/

4年前の記事で、自分史と戦争に対する須藤の気持ちが書かれています。

 

こうやって過去の記事を読み返してみるのも新たな発見や気付きがあって良いものだと感じました。

明日からお盆休みに入りますね。どこかにお出かけする予定はありますか?

私は海にでもドライブに出かけようと計画を練っています。

猛暑が続き身体が疲れているのでゆっくりリフレッシュしましょう♪