20150123_読売新聞朝刊

本日(2015年1月23日)の読売新聞朝刊に、我らが自分史活用推進協議会が掲載されました。

こちらの記事(2015年は「自分史で戦争体験を伝える」年になる)でも紹介していますが、今年に入り自分史の注目度がかなり高まってきていると実感しています。

現在進行中の自分史講座もたくさんの方に参加していただいておりますし、
「自分史を書きたいのですが何から始めたら良いでしょうか?」
との質問をいただく機会も増えてきています。

自分史の作り方でも自分史の書き方でも、これといった決まりごとは一切ありません。

そう言われるともっと混乱されるかと思いますが、あなただけに合った、あなただけの自分史というものが必ず存在します。

例えば、本の形。

上製本にするのか、並製本にするのか? それとも本は要らないのか。

本を作るとしたら、何部必要なのか? 売るのか? 知り合いだけに配るのか? 自分だけの一冊にするのか?

このように、本にするかどうか?という所から、ひとりひとりの望みが変わります。

予算を優先するのか、出来栄えを優先するのか?

まずは、「こんなイメージのものを、このくらいの予算で作ってみたいんですけど!」と遠慮せずに聞いてみて下さい。

⇒ 無料相談はこちらから

満足のいく自分史が出来ますように。