「さあ、自分史を作ろう!」

と肩肘張って取り組まれているあなた。

意気込みは素晴らしいですが、たまには息抜きも必要です。

ある程度、一気に進ませることが出来たら一息つきましょう。これは一息つく時間を意識的に設けてください。

すると、なにが起こるか。

自分史のことは考えていなくても、パッと面白いエピソードを思い出すことがあるのです。

人間の脳は面白いことに、無意識でも働いていると言われています。

特に、過去の記憶は思い出せない時があるだけで、すべて記憶しているのです。

それをむやみに思い出そうとしても、磁石が反発するかのごとく、どんどん思い出せなくなってしまうのです。

だから一回リフレッシュして、自分史のことはあえて考えないようにしましょう。

毎日自分史作りに取り組んでいるあなたは、丸々一日なにも考えない日を作ると良いでしょう。

そうやって充電しながら楽しく元気に自分史と向き合ってみてくださいね。