家と自分史の関係というのは、切っても切れない関係です。

自分史のネタ探しに住んでいた家を思い出すと、たくさんアイデアが浮かぶことでしょう。

以前住んでいた家を思い出す

あなたが幼い頃に住んでいた家はどんな家でしたか?

トイレが寒かったり、自分の部屋が無かったり、ちょっと怖い部屋があったり。

この情報からでも、当時の記憶がよみがえるはずです。

家から学校まではどうやって行きましたか?

よく寄り道した場所はありますか?

このように連想していくと、幼い日の思い出が次々に脳裏に浮かぶことでしょう。

引っ越しの理由は?

生まれた時からずっと同じ家に住んでいる人はかなり少ないでしょう。

なんらかの理由で引っ越しを経験しているはずです。

その理由を思い出してみましょう。

どんな家でしたか?

家にいる時間が長い

人生の中で家にいる時間は意外と長いものです。

だからこそ、あなたの自分史と密接に関わっているのです。

以前住んでいた家を思い出して、懐かしんでみてください。