今日は9月11日。

東日本大震災から3年半が経過した。

と新聞やニュースでは大きく取り上げられるが、
私の中で大きな事件と言えば、
アメリカ同時多発テロ事件だ。

2001年9月11日に起きたことなので、
13年経過しているのである。

あのときはあんなに衝撃的だったことが
13年という年月を経て風化してきているのでは
ないだろうか。

もう一度あの光景を思い出す機会にしていただきたい。

臆病者と思っていたヤツが一番のヒーローだった

男四人旅を何回してきただろうか。

四人揃ってみな変わり者であるが、
その中でも一風変わり者であるヤツがいた。

そいつは、
飛行機に乗る時や
バンジージャンプをするとき、
海に行く時、
ドライブに行く時でさえも

遺書を書いてから旅に出るというヤツだった。

「なんでそんなに心配症なんだ」
「この臆病者が」
「チキン野郎」

と、旅に出るたび、仲間に馬鹿にされていた。

とある旅の前日も、彼は遺書を書いてから
家を出てきた。

旅先の道路脇を四人で歩きながら
他愛もない話をする。

「おい、お前今回も書いてきたのか?」

「もちろんさ」

「なんでそんなに臆病なんだ。
死ぬことがそんなに怖いのか?」

という話をしていた矢先。--

小さな子供が道路に飛び出してしまうのが
見えた。

振り返ると、猛スピードでバスが走ってくる。

旅の男たちは
あまりに突然の出来事に脳の処理が
追いついていないが

ただ一人だけ反射的に道路に出た男がいた。

そう、前日にも遺書を書いてきた男である。

彼の咄嗟の判断により、子供は傷一つ
付かずに助かった。

ーーあのまま、全員固まっていたら・・・-ー

なぜ臆病者の彼が咄嗟に動けたのか?

 

 

 

 

そう、彼は死の準備が出来ていたから。

他の三人は、
まさか今日死ぬとは思っていなかったので
動けなかった。

死への準備が出来ていないとも言えるだろう。

臆病者と言われる彼は、
いつ死んでも良いように準備をし、
自分の危険もかえりみず他人を助けられる
真のヒーローであったのだ。

彼は時々遺書を書きながら、
今日も最高の一日を過ごしている。