こんにちは。パーソナルメモリーズの須藤です。

今日で終戦から69年。

終戦時のことを覚えている方は、
長かったと思っているのか、短かったと思っているのか。

この69年で日本はめまぐるしい成長を遂げましたが
山も谷も経験してきました。

世界で唯一、原爆を落とされたとは感じさせない
ほどの復活。

そして世界を牽引するほどの経済力・成長力を
手に入れました。

2020年には東京でオリンピックが開催されます。

あと6年でどこまで成長するのか。
どんな時代になっているのか。

ここ最近の成長スピードは驚くほど早くなっています。

楽しみな想いの反面、
不安な気持ちを持たれている方も多いのではないでしょうか。

世界の所々で起きている紛争。

戦争の火種とはまさにこのような紛争で、
これが徐々に大きくなり
誰も止められないほどの大きな災いとなってしまいます。

各国の民間人は、だれも戦争をしようとはしていません。

それが、何人かの権力者の権益のために
全世界に多数の犠牲を出してしまうのです。

みんな戦争をしてはいけないということを理解はしている
のですが、どこか他人事のような空気感もあります。

現在実際に、飛行機が撃墜されてしまったり、
空爆が落とされている現状を把握していますか?

戦争を経験した人は、その体験を語り
下の世代はその体験をさらに語り継いでいく。

本当に戦争をしてはいけないということを
ひとりひとりが認識する。

再び戦争の惨禍が起こらないようにするには、
このような活動を広げていくしかないのです。

私は今月だけで、5人の方から戦争のお話をお伺いしました。

全員の方が、
「自分が生きているうちは、もうあんな辛い経験はしたくない」
とおっしゃっていたのが、とても印象的でした。

今日は先人たちの気持ちに思いをはせて、
これからの未来をどう生きるべきか考えてみませんか。