こんにちは。パーソナルメモリーズの須藤です。

人生には「2つの人生」があると言われています。

1つ目の人生は、30~40歳頃までの人生。
2つ目の人生は、それ以降の人生。

1つ目の人生

個人差はありますが、
1つ目の人生は、
社会の仕組み自分自身のこと
分かっておらず、会社や周囲の言う通りに
動いている人生のことを言います。

これは悪いという訳ではなく、
どうしても仕組み上、このルートを通る方が
多くなります。

ここでは人生の勉強期間となることでしょう。

2つ目の人生

だんだんと社会や会社がどのように
動いているのかが理解できるようになり、
同時に自分自身が何をしたいのか
見えてきます。

人生で何をしたいのか?
これは、ミッションと呼ばれています。

このミッションが見えてくると、
自分の人生でミッションを達成すべく
行動をするようになります。

これが第2の人生となります。

自分のミッションを知るには?

「私のミッションは何か?」

この答えは、そう簡単に見つかるものでは
ありません。

自分自身との対話を繰り返し、
過去をじっくりと見つめて答えを出して
行かなくてはなりません。

「私は、これをやるために生まれて来たんだ!」

と、一種の悟りのようなものではないでしょうか。

ミッションが見つかってからが、
本当の(第2の)人生の幕開けとなります。

自分自身との対話や過去を見直すという作業は、
「自分史」という潤滑剤を使うとスムーズに
行えることでしょう。

本などの形にしなくても、

「自分が何をしたいのか?」
「何のために生まれて来たのか?」

を知りたいと思っているあなたには心強い道具
となるでしょう。

自分史を作るのは、定年退職した後で!
と考えるのは間違いです。

自分史を完成させた方のお話を聞くと、
「もっと早く作れば良かった!」
と、口を揃えておっしゃいます。

早めに自分自身を知り、
早めに第2の人生をスタート出来ると、
輝かしい人生となるのではないでしょうか。

一生懸命に何かに打ち込んでいたり、
一生懸命に生きている人は、
周りから見ても素敵ですよね。

あなたが、その「何か」を
見つけられますように!