こんにちは。パーソナルメモリーズの須藤です。

今日は、お客様の取材の帰りに
二・二六事件の慰霊碑を見てきました。

渋谷税務署の脇にあり、
お線香の匂いが漂っているのが印象的でした。

割と近い歴史ですが、
歴史上の人物のことが少し身近に感じられる
気がしました。

お客様の記憶や思い出が、
話に聞くだけよりも理解が深まります。

また、教科書に載っていることは
歴史の上澄みだけであり、
実体験した話を聞くことによって、
本質部分が見えてきます。

二・二六事件だけではなく、
戦争の体験談も同様です。

教科書では大局や全体の流れしか
見えてきません。

実体験した国民の感情や意見を聞くことに
よって、色々な面が見えてきます。

このような記録を残すことに、
真の意味があるのではないでしょうか。

これからも力を入れて、取材をしていきたい
と思います。

そして、お客様が心から喜んでくれる
サービスを提供します。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。