こんにちは。パーソナルメモリーズの須藤です。

せっかく自分史を作成するのであれば、
同時に認知症の予防もしませんか?

ただ単に、
過去を思い出し
執筆し
本にする
という自分史の作り方を想像していませんか?

このような自分史の作り方ですと、
確かに自分史という作品は出来上がるのですが、
認知症の改善・予防や、うつ症状の緩和・予防を
することができません。

せっかくお金を払って自分史を作るのですから、
失敗したくはありませんし、付加効果も享受
できる方が良いですよね。

「親が少しボケてきた」
という声を聞くことがありますが、
この程度であれば、まだ良いでしょう。

この軽かった症状が進行してしまうことで、
あなたの顔も分からなくなってしまうような
事例も結構あります。

親の身の回りの世話や手伝いをやりに
家に行くと、
「泥棒!」
となることも珍しくはないのです。

これを防ぐには、
やはり予防をするしかないのです。

そしてこの予防ですが、
「これをすれば絶対に防げる!」
という方法は確立されておらず、
「○○をやっている人は認知症になりにくい」
という統計しか出ていません。

個人差はあるものの、やるかやらないかでは
大違いです。

脳科学の権威も推奨している方法なので、
変な副作用などはなく、安心です。

普段、無意識に行っていることを
少しだけ意識して行うことで
大脳に驚くほどの変化があらわれることは
実証されています。

もちろん大脳は働けば働くほど、
認知症が発症してしまう確率が低くなります。

高齢でも何かの仕事をしていたり、
創作活動をしているなどの
最前線にいる方は、お元気ですよね。

ここまで判明している回想療法を説明した
冊子を無料でプレゼントしています。

まだ受け取っていない方は、
この機会にお受け取りください。

応募フォームに、
「回想療法冊子の無料プレゼント」
を希望の旨をご入力ください。

※2016/06/06現在、無料プレゼントは終了しております。

>>無料プレゼントはこちらから

親にはいつまでも元気でいて欲しいものですね。