こんにちは。パーソナルメモリーズの須藤です。

今日は、
メキシコの田舎に住む漁師の自分史
をお話します。

とあるメキシコの田舎町。

海岸に小さなボートが浮かんでおり、
メキシコ人の若い男性が小さな網で
魚をとっている。

陸に上がり、とった魚を見てみると、
なんとも生きが良い。

それを見たアメリカ人の旅行者は、
「素晴らしい魚だね!
どのくらいの時間、漁をしていたの?」

と訊いた。

若い漁師は、
「そんなに長い時間じゃないよ」
と答えた。

旅行者が
「もっと長い時間、漁をしていたら
もっとたくさんの魚をとれただろうね。
もったいないなぁ。」
と言った。

漁師は、
「僕と僕の家族が食べるには、
これだけで十分だよ。」
と言った。

「それでは、余った時間は何を
しているんだい?」
と訊くと、

漁師は、
「日が高くなるまでゆっくり寝て、
それから漁に出る。
戻ってきたら子供と遊んで
女房と昼寝をする。
夜になったら友達と一杯やって、
ギターを弾いて、歌を歌って・・・。
そのうち眠ると一日終わりだね。」
と話した。

すると旅行者は漁師に向かってこう言った。

「MBAを取得した人間として、
せっかく知り合った君に特別に
アドバイスをしよう。

いいかい、
君が成功をするには、
毎日もっと長い時間漁をするべきだ。

そして、余った魚は売るんだ。
お金が貯まったら大きな漁船を買う。
そうするとたくさん魚がとれるから、
儲けも増えるね。

その儲けで漁船を、2隻・3隻と
増やしていくんだ。
やがて大漁船団が出来るまでね。

大漁船団が出来たら、仲介人に魚を売るのは
やめて、自分で水産加工工場を建てよう。
そこに魚を入れるんだ。

その頃には君は、このちっぽけな村を出て
メキシコシティ、ロサンゼルス、
ニューヨークと進出していくだろう。

そして、マンハッタンのオフィスビルから
君の企業の指揮をとるんだ!」

漁師は旅行者に訊いてみた。
「そうなるまでにどのくらいかかるの?」

「約20年から25年でそこまで行くね。」

「それからどうなるの?」

「それから?
そこまで行ったら本当にすごいことになるよ!」

「すごいことって?」

「次に株を売却して、君は億万長者さ。」

「それで?」

「億万長者になったら引退して、
海岸近くの小さな村に住んで、
日が高くなるまでゆっくり寝て、
日中は釣りをしたり、
子供と遊んだり、奥さんと昼寝をして過ごす。
夜になったら友達と一杯やって、
ギターを弾いて、歌を歌って過ごすんだ。

どうだい?
とても素晴らしいだろう?」

あなたの幸福論は破綻していませんか?

上記の小噺は、決して手放しで笑える話では
無いと思います。

「お金さえあれば」
「物さえあれば」
「地位があれば」
「有名だったら」

と考えていませんか。

冷静に見回してみると、
「幸せ」というものは
意外と近くにあるのかもしれません。