前回「何回でも作ることが出来る自分史
で取り上げましたが、

自分史は一度作ったら、
「はい、完成!」
ではありません。

何度も繰り返し読み進めてみると、
徐々に書いてあること以外の出来事も
思い出すものです。

この感覚は、実際に自分史を作った経験が
ある方にしかわからないものでしょう。

そういえば、あの時こんなこともあったな!

自分で魂を込めて作った自分史でも
読み進めているうちに新たな視点を
発見する瞬間があります。

小学校のエピソード部分を読んでいるとしましょう。

校舎は古くて少し怖かったな。
体育館は狭かったな。
ドッジボールが得意だったな。
よく遊んでいたメンバーは、
○○ちゃん、□□ちゃん、△△ちゃん
だったな。

と、自分史を読みながら、
関連した出来事が次々に思い浮かんで
くることでしょう。

そして、芋づる式に○○ちゃんとの
思い出がよみがえります。

「そういえば、学校の帰り道に○○ちゃんと
おしゃべりしていて、気付いたら夜になっていたな。
帰ってから二人とも親に怒られたな。」

という思い出を思い出したとします。

すると、

「日曜日に○○ちゃんの家族と登山に
行ったこともあったけな。」

と、どんどん脳の奥深くまで
回想する感覚になります。

この状態になると、かなり脳が活性化
された状態となります。

そして、多くの人が

芋づる式に引っ張り上げた思い出を自分史という形にしたい

と願います。

こうして初版よりもバージョンアップした、
自分史を作っていく訳です。

徐々に手を加えて、「育てていく」という感覚でしょうか。

一回も自分史を作ったことが無ければ
この感覚は味わえません。

一回でも自分史を作ってみると、追加や更新は
驚くほど容易にできるのです。

実際にお客様も、
「全部やり直すのかと思っていたけど、
パソコンを使えばこんなに簡単にできるのね!」
と、とても驚き、低価格さに喜んでおられました。

そして、大量印刷をする訳ではありませんので
少部数・低価格でお手軽に作れるのです。

昔のように、お金・気力を出し切って
自分史を作る時代ではなくなりました。

誰でも、手軽に・低価格に自分史を作成出来るのです。

昨日も、朝日新聞に自分史のことが
大きく取り上げられていましたね。
(私が所属する自分史の団体が取材を受けました)

自分史を作って、
今まで歩んできた人生の軌跡を巡る旅に出てみませんか?